本文へスキップ

楽しく学び・楽しく働いて、Happy Life!


最終更新日 2020.1.15

土地・建物の売却方法 ⇒ まず、マイナス資産か確認してみましょうprogram


土地と建物は、プラスの資産とマイナスの資産があります。プラスの資産は、誰もがほしいと思える資産で、マイナスの資産は誰もほしいと思わない資産です。

プラスの資産は、簡単に売却できますが、マイナスの資産は、売れないので誰も仲介してくれないこともあります。住まないのに、売りたいのに、所有していなければならない資産です。税金がかかる上に管理責任もあります。

自分の所有物ながら固定資産税などは結構かかります。管理責任もあるので維持費用も定期的にかかります。

そこで、このページでは、プラスの資産とマイナスの資産のそれぞれに適したサイトのご紹介をします。そこで上手に資産を管理できれば、不必要な費用は減り、結果的に資産運用的には◎になります。

土地・建物を売買する場合、まず査定が必要になります。これからご紹介する2つのサイトでは、査定を依頼しますと、買取や仲介しても良いという不動産会社からご連絡をいただけますので、そこから、不動産会社との繋がりを作ることができます。


しっかり資産管理したら・・・Happy Life


マイナスの資産 土地・建物 お困り不動産の場合


まず、マイナスの資産とは、どのような不動産なのか見てみましょう。これに該当しなければ、プラスの資産である可能性が高くなります。

対象物件は?
戸建て、マンション、土地など

お困り不動産とは?
所有権に限らず借地権、低地、再建築不可、事故物件、任意売却、空き家、共有持分、立ち退き物件など

売却相談されるタイミングは?
相続、離婚、両親が介護施設に入居など

対象となるケースは?
・仲介会社に依頼したが権利関係が複雑で断られた。
・お困り不動産が売れると思っていなかった。
・即現金化したい。
・お困り不動産をどこに売却相談したらいいのか分からない。
など



買取会社専門の不動産売却マッチングサイトでは、これらのお困り不動産に対して、買取や売却のお手伝いをしていただけます。お困り不動産がどのようなものなのか、サイト内でさらに詳細が掲載されています。

無料査定はこちら



プラスの資産 土地・建物の場合

土地などは株と一緒で価値が上がったり下がったりしています。プラスの資産を査定していただく場合、できるだけ高く売却したいですよね。その点が、業者によっても多少異なる結果になることはありえることなので、1つの会社だけでなく複数に査定の依頼をするのが一般的です。もし私が査定を依頼する場合には、できるだけ多くの会社で一括査定していただきたいなと思います。

【イエウール】一戸建て・マンション・土地などの複数社への一括査定依頼サービスでは、
国内最多の有力な不動産会社が物件売却をサポ―トしていて、2つの査定方法から選べます。

@机上査定 (概算のため、実際の査定額とはずれが生じる可能性がある)
A訪問査定 (より高く、より正確に査定したい方向け)

査定依頼をすると不動産会社から正確な見積もりのためにお電話やメールでのご連絡をいただけます。


無料見積もり依頼する(入力時間1分)




ハッピーライフのカテゴリー

information

【只今のツイート】
TOEICでよく見かける
英単語

企画第2弾


2020.1.20からスタート