本文へスキップ

「宅建 合格の秘訣」「就職・転職」「住まい」「お役立ちグッズ」

https://takkenoyado.com
最終更新日 2019.11.7

職探しの後は、物件探し

目次

・賃貸の場合(引っ越し)
・持ち家の場合 3つの方法(維持・売却・賃貸)



 賃貸の場合

自宅から通勤できる場所に就職先を限定して可能性を狭めてしまうよりは、最近はあらゆる可能性を優先して勤務先へ引っ越す方が増えています。そのため、その場合には即引っ越し手続きを始めて、環境を整えていきます。


 持ち家の場合 一般的な3つの方法

思い出の別荘としてそのまま維持 ⇒ 維持できるように頑張る。

これが一番理想的です。

土地・建物の売却 ⇒ まず査定して、土地と建物の価値を知る。

査定と言っても、土地などは株と一緒で価値が上がったり下がったりしています。そして、業者によっても多少異なる結果になることはありえることなので、1つの会社だけでなく複数に査定の依頼をするのが一般的なようです。査定を依頼する場合には、できるだけ多くの会社で一括査定していただきたいなと思います。

イエウール一戸建て・マンション・土地などの複数社への一括査定依頼サービス
国内最多の有力な不動産会社が物件売却をサポ―トしていて、2つの査定方法から選べます。

@机上査定 (概算のため、実際の査定額とはずれが生じる可能性がある)
A訪問査定 (より高く、より正確に査定したい方向け)
査定依頼をすると不動産会社から正確な見積もりのためにお電話やメールでのご連絡をいただけます。


見積もり依頼する(入力時間1分)


お困り不動産の査定の場合

買取会社専門の不動産売却マッチングサイト

対象物件は?
戸建て、マンション、土地など

お困り不動産とは?
所有権に限らず借地権、底地、再建築不可、事故物件、任意売却、空き家、共有持分、立退き物件など

売却相談されるタイミングは?
相続、離婚、両親が介護施設に入居など

対象となるケースは?
・仲介会社に依頼したが権利関係が複雑で断られた。
・お困り不動産が売れると思っていなかった。
・即現金化したい。
・お困り不動産をどこに売却相談したらいいのかわからない。
など

     


賃貸 ⇒ 登録(依頼)する。

維持することが難しく、売却することもためらわれる場合は、これが一番良いように思います。
・不動産会社を介して、月極契約などをするために依頼する。
民泊のシステムを利用する。