本文へスキップ

「宅建 合格の秘訣」「就職・転職」「住まい」「お役立ちグッズ」

https://takkenoyado.com
最終更新日 2019.11.4

windows10 1903  アップデート 失敗しないために

ウィンドウズの大型アップデート


アップデートを自動設定にしておくと、順番で通知がやってきます。そして、ついに昨日自動でアップデートが開始されていました。

パソコンの右下にいつも見ないアイコンがありました。クリックするとそのお知らせでした。

このアップデートは、2019年5月21日に提供が始まっていたようです。

履歴
1803 2018.4.30−2019.11.10頃まで
1809 2018 11.13−2021.5.11頃まで
1903 2019.5.21−2020.12.8頃まで

要注意事項

大型アップデートは不具合が出る場合もありますから、アップデートをしないでいる場合もあります。この履歴によれば、現在1803のバージョンでストップをかけている方は、来月の11月10日頃までにアップデートしないと、パソコンの機種によっては、その後のバージョンアップはできなくなるのかな?と思いました。


私のパソコンは、中身が何も入っていない状態の物を購入して、自分で一つずつソフトを入れていきました。だから、とても格安なのですがパワーもなく、回線も古いままなので、こういった大型アップデートは過酷な状況にあります。

過酷な状況

午前8:04 ダウンロード開始
午後知らぬ間にインストール開始
再起動 18:30
30%インストールされたところでさらに再起動
(失敗例に気が付いて、27%のところでマウスとキーボードを外す)
その後の再起動は不明
全てが終了して自然と電源が落ちる 21:10
約13時間かかりました。

普通の場合は、4時間程度のようです。


しかし、自然とダウンロードが開始してしまっていましたので、仕方なくスマホで失敗例を色々調べました。

すると、windows10 1903へのアップデートに失敗する原因が色々分かってきました。それをここに書いておこうかと思います。30%の再起動で失敗が始まることがあるようです。

windows10 1903 アップデートの失敗の原因

@アップデートを止めていると、失敗することがある。
AパソコンのUSBポートに、色々差している状態だと失敗することがある。

おおまかにはこの2つが失敗の原因になっているようでした。

解決方法

@1803でストップされた方は、1809をアップデートしてから1903をアップデートする。
AパソコンのUSBに差しているマウスやキーボードもすべて外す。

どうしてもアップデートを失敗してしまう場合
Bクリーンインストールをする。(情報がすべて消えるので、あまりお勧めしたくない方法)